成績が上がる5つの理由

目先の「高校合格がゴール」ではない!
「将来の大学進学」を見据えた
『英語』に強いお子さんを育てる塾です。

お母さん、お父さん、ご存知ですか?
皆さんが中学・高校生だった30年くらい前は、
大学・短大進学率は25%・・・・・・。
「4人に1人」しか大学に進学しませんでした。

それが今や、大学・短大進学率は50%を超えました。
「2人に1人」以上が大学に進学する時代です。

そしてこの進学率は、今後ますます上がる傾向にあります。

「学歴だけが、すべてではない」・・・・・・これも確かです。

しかし近い将来、お子様が「就職活動」をする際に、「大学卒」という学歴が「必要最低条件」となるケースは、今以上に増えていくことは間違いありません。

そこで当塾では、目先の「高校進学」にとどまらず、
その3年後の「大学進学」も視野に入れた学習指導を行います。

具体的には、
大学合格の決め手となる『英語』を得意教科にし、
受験だけに留まらない、「一生使える 英語力」の基盤を作ります。

「将来、何が何でも大学進学をめざしたい!」
そのために「大学進学に実績のある高校に入りたい」
・・・でも、「現在はオール3前後で伸び悩んでいる」

そんな中学生親子のための個別進学塾
s-Live あいち豊田美里校

「成績を上げて、進学高校に合格できる」5つの理由

目標を持たせて、やる気を出させる

⇒いきなり勉強をさせても、お子さんのやる気がなければ成績は上がりません。s-Liveでは、入塾時にお子さん自身に大学進学を意識させ、「あこがれの進学高校」を決めて、「やる気を引き出す」指導から始めます。ですから「お子さんの勉強に取り組む姿勢」が、今までとは全く変わります。

予習中心で学校の授業を理解

⇒成績の上がる生徒は、学校の授業で大切なポイントを理解してしまいます。逆に成績の上がらない生徒は、学校の授業をほとんど理解していません。しかし一般的な個別指導塾は学校の復習中心ですから、学校の授業を理解していない状態で塾に通っても成績を上げるには時間が全然足りません。

その点を踏まえ、s-Liveでは学校の2週間先の予習をすることで、学校の授業の理解を深め、大切なポイントを身につけることができます。

他塾の2~3倍の圧倒的な勉強時間

⇒「オール3」の普通の生徒が「オール4」に成績を上げるには、今まで経験したことのない「圧倒的な勉強時間」が必要です。s-Liveでは、定期テスト3週間前から前日まで、他の塾の2~3倍の勉強時間を確保し、自分の力で合格点が取れるまで「塾と学校の問題集・確認テスト」を使って、徹底的に「覚え直し・やり直し・反復練習」をします。

勉強を集中・継続できる環境

⇒s-Liveでは、「わかるまで、何度でも」繰り返して勉強できる画期的な学習システム「eduplus(エデュプラス)」があります。また「厳しいけど熱心な塾長」・「質問に丁寧に答えてくれる講師」・「やる気がある仲間の生徒」がいますから、励ましあって集中・継続した勉強ができます。

英語・数学を中心に5教科指導で成績アップ

「英語・数学」だけでなく「理科・社会・国語」も含めた「高校入試5教科」の学習スタイルを確立し、定期テストで「各教科20点アップ」「各教科80点以上」を実現。「あこがれの進学高校合格!」をめざします。

「高校合格は、内申点で決まる!」
個別指導のS-Liveは、「他塾の3倍の勉強時間」で
次の定期テストで「1教科20点アップ」を実現!

「高校受験」=「本番当日のテストの点数で合否が決まる」と
思われる中学生の親子が多いようですが、それは誤解です。

愛知県の公立高校は、
「内申点(中3の最後の通知表の9教科×5点を2倍=90点満点)」と
「本番当日のテストの点数(5教科×22点=110点満点)」の
「合計点(200点満点)」のうち、「何点取れたか?」で合否が決まります。

また私立高校は、定員の約8割は「推薦合格」で埋まってしまうのが現状です。
推薦合格は、「中3の内申点」だけで決まります。
(面接と3教科のテストはありますが、あくまで形式的なものです)

このように、
「公立高校合否の50%は、内申点で決まります!」
「私立高校推薦は、内申点で決まります!(ほぼ100%)」

そして、その内申点は「定期テストの点数」が大きなウエイトを占めています。
ですから、定期テストで高得点を取るための「定期テスト対策」が
高校合格を決める「超重要なポイント」になってくるのです!

そこで当塾では、

  • ①【通常の授業】では、次の定期テストの範囲を予測して、「予習型の学習計画」を立てて、その実行と徹底した進捗管理を行っています。
  • ②【テスト2週間前】からは、「確認テストによる理解度チェック」を行います。
    ここで一定のレベルに達していない場合は、「やり直し・覚え直し」を行い、「確実に点数を取れるまで」反復学習を繰り返します。
  • ③上記の①・②を実行するため、他塾の3倍の「圧倒的な勉強時間」で指導します。

このように、

  • 「明確な志望高校」と「その合格に必要な内申点・定期テスト点数」の目標を立て、「やる気」を持たせた上で、毎回のテストで「成功体験を積み重ねること」
  • その「成功体験の積み重ね」により、「お子さまに自信を持たせる」ことで高校合格に留まらず、将来の大学受験・就職活動・仕事などの局面で、一生使える「生き抜く力」「勝ち抜く力」を身につけることを主眼においた学習指導を行っています。